ガラ

ここからはじめよう

2019.04.14
カメラ

初心者でも使いやすい!Canon EOS 6D Mark IIはこんなところがおすすめ

一眼レフ初心者です。

大した知識も経験もないのですが、身の丈に合わない一眼レフカメラを買ってしまいました。

Canonのフルサイズ一眼「EOS 6D Mark II」です。

 

私が購入した理由は、すでにミラーレスカメラを持っていたので、ちょこっといいカメラを買うぐらいならガツンと差が出るカメラが欲しかったからです。

賛否両論あるカメラではありますが、初心者の私にとっては使いやすく満足できるカメラです。

 

たくさんの機能があり、他の機種と比べたら勝るところも劣るところもあるのですが、初心者さんにおすすめなポイントは実にシンプルです。

使いやすくて軽いところ!

 

購入をご検討中の方は是非ご参考までに。

 

Canon EOS 6D Mark IIとは

2017年、キャノンから発売されたフルサイズセンサーを搭載した一眼レフカメラです。

お値段は決して安くないのですが、他のフルサイズ一眼レフカメラに比べると比較的購入しやすいです。

初めてフルサイズの一眼カメラを買う方にはぴったりですね。

 

最大の特徴は色々な角度に動かせるバリアングルモニターです。

そして、初心者には操作しやすいタッチパネル

さらにフルサイズの一眼レフカメラの中ではダントツに軽い

 

このような性能からフルサイズ一眼のエントリー機と言われています。

 

初心者にオススメ、バリアングルモニター!

バリアングルモニターとはカメラの液晶画面(モニター)が自由な方向に動かすことができる機能です。

液晶を自由な方向に変えられるので、自分の身長よりも高いハイアングルからの撮影や、地面すれすれの低い位置のローアングル撮影にもなんなく対応できます。

 

カメラ好きの方でもこのバリアングルモニターが魅力でEOS 6D Mark Ⅱを購入される方が多いようです。

 

このバリアングル機能、ペットやお子さまを撮影するときには本当に便利です。

目の前にいる小さな彼らをカメラにおさめるには、しゃがみ込んだり地面に這いつくばったりしてファインダーを覗き込みます。

が、ちょこちょこよく動くのでゆっくり構図を決めている時間なんてないんです(涙)

 

バリアングルで自分の見やすい角度にセット、液晶をみてタッチパネルでピントを合わせれば簡単に撮影できます。

 

他には三脚を立てての物撮りにも便利です!

使い道無限大のバリアングルモニター、愛犬を撮影したり、ネットショップの商品を撮影したりと大活躍しています。

 

キャノンのフルサイズ一眼の中ではダントツの軽さ

軽くてコンパクト(765g)なので女性にもオススメです!

「EOS 6D Mark II」を購入する前に、知人からNikonのフルサイズ一眼をお借りしていたのですが、比べるとかなり軽いです!

そしてグリップも持ちやすく片手で持ってパシャっと撮影もできます。

 

一応ストラップで首からかけて移動しますが、色々撮影してる時ってずーっとカメラを持ったままなんですよね。

軽いにこしたことはないです

せっかく買ったのに、重すぎて気軽に持ち出せないんじゃもったいない!

 

デジカメやミラーレスカメラに比べるともちろん重いのですが、フルサイズの一眼の中では断トツの軽さです!

 

タッチパネルが便利すぎる!

やはりタッチパネルは便利です。

そして、感度もいいのでスムーズに動きます。

カメラマンさんはボタンで操作している方が多いみたいなんですが、初心者さんはどこを触ったらどんな設定ができるのか訳が分かりません。

 

タッチパネルでスマホみたいに触れるのでとっても覚えやすいです。

よく使う機能は手が覚えてくれます。

 

機能によって色分けされているのも覚えやすいです!

 

レンズキットについて

「EOS 6D Mark II」のレンズキットには2種類あります。

その差は5万円。

 

  • EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM(安い方)
  • EF24-70mm F4L IS USM(高い方)

 

初心者の私はどちらを買ったらいいのかわからず、大は小をなすじゃないけど…とりあえず高い方を買っておけば間違いないかと「EF24-70mm F4L IS USM(高い方)」を購入しました。

半年ほど使ってみた結果、安い方でもよかったのかなと思っています。

 

なぜなら、望遠や単焦点と他のレンズも欲しくなるからです。

 

このアドバイス、購入時にカメラ好きな知人から受けていました…

でも、初心者の私に、高いカメラを買ってさらに何万もするレンズを色々買うなんて考えられなかったんです…

しばらくはレンズキットのレンズで十分!なんて思っていたんです。

 

ところが、カメラの講座にいって色々撮っている間に、望遠レンズもほしいな…単焦点レンズも欲しいな…

と、どんどんほしいレンズが増えていったんです。

 

色々ほしくなった結果、安い方のレンズキットを買えばよかったなと思ったわけです。

 

ただ、「EF24-70mm F4L IS USM(高い方)」は標準ズームレンズでありながら、マクロ撮影ができます

マクロモードにスイッチを切り替えるとものすごく近くから巨大に、そしてすごいボケ感で撮影ができるんです。

 

花の撮影講座にい行ったときに先生に使い方を教えていただいてびっくりでした。

目で見ている風景と全然違うじゃん!

標準レンズで撮る写真とは全く違う写真が撮れて楽しいです。

 

マクロ撮影に興味がある方には高い方のレンズキットがいいと思います。

 

初心者にオススメCanonのeos学園

初めての一眼、何をどう触っていいのか…

しかし、分厚い取扱説明書はなかなか読む気になりません。

 

そんな方にお勧めなのがCanonが主催しているEOS学園で行われているカメラ講座です。

東京、大阪、名古屋に教室がありますが、遠方の方はオンラインの講座もあるのでパソコンで動画を見て受講することもできます。

 

私は単発の講座に何回か行きました。

「EOS 6D Mark II」の使い方講座や屋外で写真を撮りながら教えてもらえる講座など、思ったよりも楽しくて(笑)

おすすめです。

 

一人で来ている方がほとんどで年齢層も様々です。

変なコミュニケーション力も必要ありません!

 

現役カメラマンの先生と、EOS学園のスタッフさんがわかりやすく色々と教えてくださいます。

料金は1回4,000円~6,000円くらいの講座が多いです。

安いわけではないんですが、先生に直接質問できたり便利な使い方を教えてもらえたりと為になる知識が詰まっています

お勧めの記事

過去の記事